私立学校の特殊教育サービスと公立学区との関わり合い


私立学校は教育法にとらわれずに独自の教育を施せるため、どんな教育内容やサービスは一概にこうだとは言えないということは別のセクションで触れましたが、ここでは私立学校における特殊教育サービスの例を参考のためにあげておきましょう。

学校によって公立学校のような特殊教育サービスを設置しているかどうかはかなり差があるのですが、特に生徒数の多い学校ではなるべく特殊なニーズのある子供達にも教育が施せるようにと公立学校に近いサービスシステムを取り入れる方向にあるようです。多くの私立学校では特殊学級はなくてもリソースの先生がいて、特殊なニーズのある子供達のクラスを回ったり、特定の時間だけニーズのある子供達を集めて小人数、もしくは、個人的に教えたりしています。特に幼い子供達を対象に一般的にニーズの高い言語療法士、作業療法士や理学療法士、心理士などを雇っているところもあり、学校内で必要なサービスが受けられるようにシステムが整っている学校もあるようです。…が、公立学校との大きな違いは、特殊教育のサービスが必ずしも無料ではないようで、特にサービスの内容を決めるために必要な査定では、家庭側から直接学校に雇われている心理士などに高い査定申請料を支払うことになるのが普通であるとのこと。ですから、特殊教育の手続きを既によく知っている家庭では、査定申請料を払わなくてもよいように、学校で雇われている心理士などを通さず、公立学区に問い合わせ、公立学区に雇われている心理士や各種療法士に査定をしてもらうように手配をしています。公立学区は管轄地域に住む子供達…普段、私立学校に通っていようとホームスクールをしていようと、必要な教育サービスを無料で供給することが法的に義務として定められていますので、普段公立学校とはなんの関係もないのに、査定だけを公立学区に頼み、その査定結果を参考にその後の私立学校でのサービスをどうするか決定するということができるわけです。

公立学区に査定を申し込んだ場合、ほとんどのスタッフはまず公立学校に通う子供達の方を優先しますので、家庭や私立学校の都合に査定のスケジュールを合わせてくれないことが多いのは覚悟しておいて下さい。公立学校に通う子供であれば子供の学校の行事や祭日などを配慮しながら全て行われるのですが、私立学校の子供達の場合、公立学校のスタッフのスケジュールに合わせて、指定された時間に親が子供を公立学校に連れていって査定をしてもらうということが少なくありません。査定にかかる期間は必要な査定の種類や子供の集中力ややる気、態度、思考スピードなどによって差がありますが、特に初めての査定の場合は1日で終わることはめったにありません。査定のスケジュールの組み方もスタッフによってまちまちで、朝から始め、お昼は親に迎えに来てもらって昼食を済ませ、また午後に戻ってきて、1日にかける時間を長くする代わりにできるだけ日数を減らそうとするスタッフもいれば、1回につき短時間で終わらせる代わりに何度も公立学校に足を運ばせる形をとるスタッフもいます。子供が小さいうちは後者のパターンが多いかもしれません。子供がテスト中に嫌がって非協力的になった場合は、テストは無理に続行されませんから、突然予定より早く迎えに来るようにスタッフ側から親に連絡が行くこともありますから、公立学校に子供を連れて行った際には、スタッフや学校の受け付けなどに親の緊急連絡先を忘れずに伝えておきましょう。

普通、査定の大まかな内容は、子供の行動の観察、親や先生へのインタビューやアンケート、今までの成長経過や学習発達などの調査、学力や心理テストといったものになるのですが、査定前に公立学区の心理士が子供の通う私立学校に来て、授業中の子供の様子を観察に来る場合と別の人が観察をする場合とあります。査定調査の結果は親も含めたミーティングで報告されるのですが、これも子供の通う私立学校でされる場合と査定がなされた公立学校でされる場合とあります。査定終了後の公立学区のスタッフの役目としては主に査定結果の報告とアドバイスになるのですが、実際に特殊教育のサービスを施すのは私立学校のスタッフになるわけですから、サービス内容は私立学校側のスタッフが自分達のリソース内で提供できる範囲で決定するので、たとえば、本当はバイリンガルの特殊教育サービスが必要なところ、学校にバイリンガルのスタッフがいないために、親が希望しても、子供は英語だけによるサービスしか受けられないというケースも珍しくありません。公立学校の場合は、親の希望する教育サービスの妥当性が認められれば学校側で手配をしなければならないので、親は主にサービスの内容における判断力が求められるのですが、私立学校の場合は、学校側に提示されたサービスによって、子供のニーズに合った学校なのかどうか、ニーズが満たされない場合は、その分家庭側で補うことができるのかなどを判断する力が必要になってくるでしょう。

戻る

9/04
Site hosted by Angelfire.com: Build your free website today!