イリノイ州の学力テスト


イリノイ州の子供達が州の学習標準に照らし合わせてどれだけ学んでいるか、そして、各学校が学習標準に沿ってどれだけ効果的な教育を子供達に提供しているのかを確認するために、州共通の学力テスト、Illinois Standards Achievement Test(ISAT)が施行されます。ISAT では3年生がリーディング(reading)と数学、5・6・8年生がリーディングと数学とライティング(writing)、4・7年生がリーディングと数学と理科のテストとなっています。11年生になるとISATではなく Prairie State Achievement Examination(PSAE)と言われるテストとなり、リーディング、ライティング、数学、理科の学力が評価されます。PSAEは、州の学習標準だけではなく、ACT(American College Testing)Assessment Testと言う大学進学に十分な学力がついているかどうかをみる全国的なテストも学力評価の一部として考慮されます。

ESLの子供達は他の子供達との英語力の差があるということで、以前は、初めの3年間は ISATやPSAEを受けずに別の英語学習者対象のテストを受けていたのですが、最近の教育法の変更により、ESLの子供達も他のアメリカ人の子供達と同じISATやPSAEを受けなければならなくなってしまいました。私の見地から申しますと、ESLの子供達にとって大変アンフェアで、不必要な精神的負担をかけるテストとしか言いようがありません。結果が送られてきても、子供がどういう状況に置かれて受けさせられたテストなのか、親側がしっかり把握して、くれぐれも子供達の精神的負担を余計に増やさないように心がけて下さい。

これらのテストのサンプル試験問題は下にリンクされているサイトにあります。家庭でテストではどのように質問に答えるようになっているのか確認しておくとよいでしょう。

ISATのサンプル試験問題
なお、特殊教育サービスを受けている生徒の場合は、テストを受ける場合に各生徒のニーズに合わせた特別な便宜がはかられます。例えば、少人数で静かな教室で試験時間を長くするとか、試験問題を先生に読んでもらうというようなものもあれば、試験を受ける代わりにIllinois Alternate Assessmentというポートフォリオ形式にして筆記試験が免除される場合など。筆記試験が免除される場合の条件として、普通のカリキュラムに参加する機会が少なかった場合、テストを受けるスキルが発達していない場合、テストを受けることが生徒に悪影響を及ぼすような場合、情報処理能力が極端に遅い場合などがあり、1科目は試験を受けてもう1科目はポートフォリオにするという部分的免除も認められます。ポートフォリオになった場合は、先生が指定科目のどういったトピックに関してデータを取るか決めて、なるべく早いうち(9月〜10月)から定期的にその学習データを取り続け、生徒の取り組んだものや取り組んでいる様子も証拠としてデータといっしょにポートフォリオに加え、集めたものをバインダーにまとめて2月に州に提出します。その際、親の方には、子供の顔の入った写真等をポートフォリオに入れてもよいかという承認のサイン、ポートフォリオの内容を見る機会があったという承認のサイン、ポートフォリオの内容を州が今後ポートフォリオの例として使ってもよいかどうかという州宛てへの承認のサインなどが求められます。(もちろん承認しないサインでも構いません。)ポートフォリオは審査された後に州から学校の方へ返されますが、だいたい1年ぐらいはかかってしまうようなので、州のデータとしては残っても、残念ながら、学校教育の質のフィードバックとしてはあまり役に立っていないのが現状のようです。

この他、ほとんどの学区では、個人の学習が全国平均、学区平均、学校平均と比べるとどんなものであるか、毎年・毎学期個人の学力レベルがどれぐらい伸びているかなど、個人の習熟度をみたるために定期的に学習能力テストが実施されています。最近シカゴ近郊の多くの学区で採用されているのはMeasures of Academic Progress(MAP)と呼ばれるコンピュータテストで、学区によって、MAPを受け始める学年は異なりますが、おそらく2・3年生ぐらいから始まるところが多いと思われます。MAPは間違いの数によって難易度が変わる、個別に内容がデザインされるテストで、主要科目は数学、リーディング、Language Usage(文法・作文)の3科目。学年によっては理科のテストも実施されるかもしれません。制限時間はなく、予定時間内に終わらなければ、後日途中から再開することが可能。個人のレベルに合わせたテスト内容になるのでISATよりも子供の学習状態を把握するのに役に立つ情報が得られると思われますが、コンピュータ上のテストであるので、コンピュータの操作エラーやコンピュータの画面で目が疲れるタイプの子供には不利かもしれません。

戻る

06/06, 2/08 rev
Site hosted by Angelfire.com: Build your free website today!