学校で働く専門家達


校長先生や各教科の先生達の他にどんな専門家達がアメリカの小・中学校で子供達の教育に携わっているのでしょう?ここでは一般的に多くの公立学校で見られる専門家達をご紹介します。学区によっては各学校にこのような専門家達を設置していたり、学区内に設置して、いくつかの学校を掛け持ちさせたり、そして、比較的小さな学区でしたら、地域の特殊教育機関から特定の学区に派遣されている場合も多いです。呼び名も学区や州によって多少違いがあります。

 スクールサイコロジスト(School Psychologist)
スクールサイコロジストは思うように学習効果が得られない子供の知的発達や心理的状態を、テストやインタビュー、子供の観察などを通して評価し、その子供が今どんな状態に置かれているのかを診断します。そして、学習効果を高めるためには教室内外でどんな調節がされるべきなのか、子供の長所・短所を考慮しながら、個人に合わせたプログラムを考え、家庭と学校の連絡を取りながら、プログラムの効果を見守り改善していく中心的役割を果たしています。特殊教育に関する窓口的役割も担っています。
 スクールソーシャルワーカー(School Social Worker)
スクールソーシャルワーカーは子供達の社会的成長を促したり、心理面の健康を高めるために、個人カウンセリングを行なったり、グループ活動を行ったりしています。子供の心理面の健康状態は家庭での生活状況に密接に関係しているので、場合によっては家庭がどんな状態であるのかを知るために家族と連絡を取ったりもします。
 養護教諭/ナース(Nurse)
日本の保健室の先生と同様、学校での子供達の身体面の健康を管理しています。
 言語病理士(Speech and Language Pathologist)
言語療法士は言語発達でサポートの必要な子供のためにプログラムを考え、教室内外での言語訓練をしていきます。(訓練の対象になるのは主に発音面です。)比較的ニーズの軽い子供の場合は、家庭からの相談にのり、定期的なアドバイスなどをしています。
 リソースの先生(Resource Teacher/Student Support Teacher)
既に学習面での問題が確認された子供の学習プログラムを普通学級のカリキュラムに沿って実行していく、いわゆる特殊教育専門の先生です。特殊学級というのではなく、子供が必要に応じてリソース教室に来て、個人や小人数で必要学習内容を補強的に教えてもらったり、先生が子供の学級に行って子供の教室内で指導という形を取っています。日本人の感覚的には学校内の家庭教師みたいな感じでしょうか。
 特殊学級の先生(Instructional Program Teacher)
上記にあるリソースの先生がニーズのある子供達の普通学級活動をサポートするのに対し、特殊学級の先生には自分達の教育プログラム、もしくは、カリキュラムがあり、生徒個人に合った学習スタイルで生徒個人のペースで学習が進められるように取り計らいます。つまり、リソースの先生と違って子供達が先生の学級に特定の科目自体を学びに来るので、普通学級のカリキュラムとは関係なくなります。日本人の感覚的には学校内の塾みたいな感じでしょうか。
 作業療法士(Occupational Therapist/OT)
作業療法士は学習に必要な細かい手先の動作面での発達にサポートが必要な子供のためにプログラムを考え、訓練していきます。(例えば、学校にあがったばかりの子供だったら、ハサミの使い方や鉛筆の握り方、字を書く時に必要な手の動きや力のコントロールなどが訓練の対象になります。)言語療法士と同様、比較的ニーズの軽い子供の場合は、家庭からの相談にのり、定期的なアドバイスなどをしています。
 ESLの先生(English as a Second Language/ESL Teacher)
第一言語を英語としない子供達の英語習得と学校生活への適応を進めるための中心的役割を果たしています。皆様にはお馴染みの先生ですよね?
 スクールカウンセラー(School Counselor/Guidance Counselor)
スクールカウンセラーは、イリノイ州の場合、小学校には設置されていない場合が多いです。日本でスクールカウンセラーと言われる専門家の仕事内容は、こちらではサイコロジストやソーシャルワーカーが受け持っており、スクールカウンセラーは、才能を伸ばしたり進路に結びつく学習活動のガイダンスを行うアカデミックアドバイザーです。
 理学療法士(Physical Therapist/PT)
理学療法士は作業療法士と違って身体全体の運動面での発達にサポートが必要な子供のためにプログラムを考え、訓練していきます。理学療法を必要とする子供の人数が少ないため、ほとんどの場合、複数の学区を管理下に置いている特殊教育機関からの学校に派遣されています。
 インクルージョンファシリテーター(Inclusion Facilitator)
中〜重度の障害を持つ子供達がいかに普通学級で活動できるかを考え、特殊学級と普通学級の間で奔走しているような専門家。普通学級でどんな工夫が必要なのか、どんなスキルが必要なのかを考え、普通学級の先生に提案し実行を促したり、普通学級活動に必要なスキルを子供が身につけられるように個人訓練を施したりします。
 行動訓練スペシャリスト(Behavior Intervention Specialist/Behavior Interventionist)
行動面でサポートが必要な子供の行動分析をしたり、対処方法を考えてスタッフの訓練をしたりします。スクールサイコロジストのサポート的機能を果たしている場合が多く、サイコロジストに時間の余裕がない時に担当を依頼され、理学療法士と同様、特殊教育機関から派遣される場合が多いです。
 リーディングスペシャリスト(Reading Specialist/Reading Support Teacher)
最近の教育政策の傾向に伴い、需要が高まっている子供のリーディングスキルを伸ばすプログラムの運営を担当している専門家。普通学級でリーディングの力の伸び具合が遅い子供達を国語の時間などに集めて少人数で集中的に読解スキルを中心に学ばせます。サポート専門家ですが特殊教育レベルのサポートではありません。

戻る

06/06
Site hosted by Angelfire.com: Build your free website today!