特殊教育サービスが必要かもしれない要注意信号


ずっと日本で育ってきて、いざ現地校で全く新しい言語と環境で学校生活を始めることになった時に、軽度だったためにこれまで見過ごされてきた何らかの障害が明るみに出ることがあります。文化社会的な学習活動の違いから、日本の学校社会では目立たなかったことが、アメリカの学校では問題になるということも十分有り得るのです。外国語である英語で学校生活を送るため、言語や異文化適応から来る問題なのか、軽度の障害から日本では見過ごされてきた学習困難を起こしているのか、非常に見極めが難しいのですが、もし後者の場合でしたら、子供の将来的な―例えば、再び新しい環境や異文化環境に身を置くことになった場合の―問題解決力をつけるためにも、個人のニーズにあった特殊教育のサービスを受けられることをお勧めします。現地校生活で次の傾向が見られる場合、ESLのサービスだけでは、子供のニーズが満たされていない可能性があると思われるので、注意してみて下さい。
また、言語障害がある場合は第一言語である日本語にも特徴が表われているはずで、英語の質だけでは判断できません。ESLの先生などから英語の機能問題を指摘され、日本語でも次の傾向が見られる場合、特殊教育のサービスが必要かもしれませんので、注意してみて下さい。
なお、下にあげるような状態は、ESLの子供にも学習障害を持つ子供にも見られます。ESLの子供の場合、英語環境においてのみ見られますから、日本語環境ではどうか、観察してみて下さい。

戻る

06/03
Site hosted by Angelfire.com: Build your free website today!