特殊教育法:親子の権利〔1〕
The Individuals with Disabilities Education Act (IDEA)


アメリカでは特殊教育サポートを必要とする子供達にも他の子供達と同じように公立学校で教育を受ける権利が法で保証されています。特に特殊教育の柱となっているのは、Individuals with Disabilities Education Act(IDEA)というもので、『アメリカの公立学校方針』の4項目にあげた障害を持つ子供達を対象とし、子供達の教育経験が充実したものになるよう、必要に応じて、特殊通学手段、言語病理や心理に関するサービス、身体・作業療法、レクリエーション、リハビリテーション カウンセリング、社会福祉や医学治療のサービス等の学習活動に関連するサービスを学校側で供給することを定めています。障害を持つ子供は就学前の年齢(3〜5歳)でも適切な無料公立教育が施されますが、学習障害、精神遅滞…などといった障害種類は明確化されません。

学校教育サービスの内容を決めるにあたり、特に次の4つが必ず尊重されなければならないとされています。

戻る

10/02
Site hosted by Angelfire.com: Build your free website today!