注意力を高める食事内容


注意力が散漫で集中力が維持できないという場合に食事の内容から見直すというのも1つの方法です。薬などでも個人によって効き目がある、ないの差があるように、食べ物でも個人に与える影響に差があります。ADDを持つ子供はもちろん、運動選手や管理職のお父さんなど、家族で試せる心理士が勧めている方法の一部を紹介致します。

簡単に説明すると2週間ほど、注意力に影響を与えそうな食べ物を控え、2週間後に徐々に控えていた食べ物を1つずつ1日おきに食事内容に戻していき、変化がないかを観察するという具合です。食事に戻す際は4日間その食べ物をいっぱい食べるようにし、身体の反応を見るわけですが、反応がある場合は4日間以内に出てくるようです。反応はじんましんのようなものとして現れるものから行動的に落着かなくなったり、苛々が爆発するようなものまで様々に渡ります。もし何の反応も起こらなかった場合は、もちろんその食べ物を食べ続けて大丈夫だということです。初めの2週間はとにかく神様から与えられた状態の食べ物を食べるというのが基本です。1940年代ぐらいの人が食べていたように食べてみましょう。

2週間控えてみるもの

お勧めの食品類

戻る

06/05
Site hosted by Angelfire.com: Build your free website today!