Takkの独断と偏見によるリンク集



ウィスル関連

Whistling Low
ロゥウィスル専門のサイト。 もう何も言いません。 ブックマークしましょう。

Highland
恐らく、日本語による初めてのオーヴァートン紹介ページ。 他のティンウィスルに関しても、
物凄く詳しい説明がなされています。

Tinwhistle Fingerings Research Center
仰々しい名前の通り、ウィスルのフィンガリングのリサーチ・サイト。 4オクターヴ目の高音って・・・

Chiff & Fipple
アイリッシュ・ウィッスルの情報に関して、面白可笑しくも、まじめに論議している。
チューニングの仕方、笛の種類・レヴュー等、じっくり楽しめます。

Gaelic Crossings
ウィスルのチューター、ディスカッションボード、そしてこじんまりとしたお店。 三ツ星。

Clips And Snips
主にウィスルとパイプスによるアイリッシュの音源投稿サイト。 参考になります。

Tinwhistle & Pennywhistle
アイリッシュ音楽にハマった人、ウィスルでアイリッシュを吹きたい人は必見! 怒涛の情報量です。

Brother Steve's Tinwhistle Page
ウィスル入門からアドヴァンストプレイヤーまでおすすめできる、詳細なチュートリアルが嬉しい。


楽器販売店

Shanna Quay
アイリッシュ音楽関連のものを揃えたサイト。 ウィスルはもちろんのこと、
パイプスまでおいてあります。

The Whistle Shop
主にウィッスル、教則本や周辺のものを販売。 $30以上のオーダーが原則。

Song of the Sea
ウィスルからパイプス、ハープまで、各種取りそろっています。 ウィスルは少なめ。

Whistle And Drum
ウィスル、バウロン、教則本やアクセサリーまで! 中古品もたまに入荷しています。

Bigwhistle
たまにマニアックなウィスルが入荷したりします。 要チェック!

The Early Music Project
日本にある通販サイト。 ケルト系民族楽器について詳しい説明があります。

カスティーズ
日本語でも対応してくれる、アイリッシュ関連の通販サイト。 楽器を初め、CDも充実しています。




アイリッシュ音楽関連

Celtic Roots
「伝統とは今も生きているものである」 新たなケルト伝統へあなたを誘う。
伝統ゴリゴリのセッション、はてはテクノちっくなケルトバンドまで、色々楽しめます。

Tokyo Piper
数少ない、日本人パイパーの一人、鶴橋(助教授)氏による詳しい解説が嬉しいですね。

Midnight Walker
こちらも日本人パイパーの方によるページ。 

NPU
パイパーのクラブ。 会員になると会報がもらえるほか、様々なリソースへのアクセス、
CDの割引など色々と嬉しい特典があります。 

Uilleann Pipes Obsession Page
パイパーを志すのならブックマーク! パイパー、パイプスメーカー、音源、リンク等が充実してます。

The Web-Wide ABC Index
膨大な量のABCファイル。 

Henrik Norbeck's ABC Tunes
ABCファイルがジャンル分けされている。 

irishtune.info
曲名の一部でもわかれば、それがどのCDに収録されているかがわかる。 出費が・・・(笑)


ウィスルメーカー関連

Overton
泣く子も黙るオーヴァートン。 聴いて吹いて、あなたも泣きましょう。

Mack Hoover
こちらは物凄く静かなウィスルのマイスター、フーヴァー氏のサイト。
彼のウィスルは特におすすめ。 夜の練習にも、また頭痛時用のウィスルにも(民間療法・・・だめか)。
Kerry Whistles
タイタニックで使用された Chieftain ウィスルといえば彼のロゥD!

Tony Dixon
ウィスルメーカー。 ケースを作ってもらいました。

Elfsong Whistles
Sweeeet な音色のウィスルを次々と生み出しています。 ピュアな音色が好きな人におすすめ。

Busman Whistles
木製のウィスルを作っていらっしゃるドクトール。 
ウィスルメイキングは副業とのことですが、出来はまさにプロフェッショナル。


音楽関連

Praise Clips
クリスチャンによるウィッスル曲クリップのページ。

Andy Hunter
Tik-Takkの耳にもやさしい、大英帝国産の蓄音盤回し屋。
テクノロック・トランス・アンヴィエント好きの人におすすめです。

Fleau
トリップホップ。 インディーズとしては素晴らしい出来。 レアです。

GrassRoots
TAKの認める、数少ない"良質音楽"アウトレットの中の一店舗。
主にインディーズのクリスチャンムズィークを応援しています。

IONA
泣く子もだまる、ケルトとモダンサウンドの融合。Joanne の天使の様なヴォーカル、
そしてTroy のウィッスルとイーリアンパイプは、きっとあなたを感動の渦に包む。

Edensbridge
イングランドを拠点としたクリスチャンバンド。 包括的なケルト系プレイズ&ワーシップが楽しめます。

Living Sacrifice
クリスチャンメタル、Living Sacrifice。 個人的には旧作 The Hammering Processがおすすめ。 

Extol
クリスチャン-スラッシュメタル・バンド、Extol。叙情的な北欧メロディーが泣けます。

Susana Seivane
最近聴き始めたガイテーラ(ガリシアン・パイプス奏者)。モデルさんではありません。 
4歳からパイプスを演奏していた、プロのパイパーです。


スコットランド関連

BBC Scotland
「Tik-Takkの第二の故郷」であるこの国のニュースをいち早く入手。

Glasgow
ちょっとローカルに。 危険ではあるが、なかなか粋があり、愛すべき人たちであふれる町、グラスゴー。 

Gaelic
ゲール語・・・ケルト文化を楽しむには欠かせないこの言葉。
このページは非常によく出来ていて、下手な参考書を買うよりは断然いいです。

Radio Gaidheal
ゲール語のラジオ。 現在は勉強がうまく進んでいない(笑)

Chewin The Fat
抱腹絶倒間違いなし!! 何よりも、「あの」聴いて真似るほど癖になってしまうグラスウィージャン・アクセント!! 
地元ネタが多いので、スコットランド(特にグラスゴー)で生活している人はもちろんのこと、
「訪れた人、これから訪れる人は必見! 

Lollysmith
アイリッシュギフトショップ。 僕はここでブラス管クレア(赤)その他を入手。
シャムロックの種からマグカップ、キーリングやナンバープレートまで揃う。


その他

Glasgow Elim Church
滞在中に通った教会。 nedsらしく聞こえるようにと、アクセントの矯正(?)をしてもらいました。

Kobe Bible Fellowship
現在通わせていただいている教会です。 

The Universal Currency Converter
海外サイトでのネットショッピングにおける、三種の神器のひとつ。

Narnia
巨匠 C.S.Lewis による幻想ファンタジー、"The Chronicles of Narnia" のサイト。

Site hosted by Angelfire.com: Build your free website today!