Site hosted by Angelfire.com: Build your free website today!


ゲーム画面の見方と各ウィンドウ

ゲーム画面は、基本的に【ONLINE GAME】、【OFFLINE GAME】いずれも同じ構成になっています。ここでは、【ONLINE GAME】の画面をもとに説明していきます。
11.1・・・画面の見方

簡易ステータス
プレイヤーを判断する識別色です。ゲームに入ったときに自動的に割り当てられます。
TEAMメンバーのステータス表示、レーダーマップ上の自プレイヤー現在位置、メッセージ表示の吹き出しなどもこの色になります。


11.2・・・メインメニュー

スタートボタンでメインメニューに切り替わります。アクションパレットのカスタマイズや武器の装備がリアルタイムで行えます。選択項目の内容についてはこちらをご覧ください。


11.3・・・プレイヤーステータス
[Ctrl]を押すと次ページへ、[Tab]を押すと前ページに切り替えられます。
1/6 名前:プレイヤー名
Lv:現在のレベル
RAcaseal(例):種族
REDRIA(例)SECTION ID
現在の経験値:最初からの累計を表示
次レベルまで:レベルアップまでに必要な経験値
所持金:現在プレイヤーが持っているお金(単価:メセタ)

2/6 攻撃力…通常攻撃の攻撃力
防御力…敵の攻撃に対する防御力
精神力…テクニックの大きさに影響する
命中度…敵への攻撃に対する命中度
回避率…敵からの攻撃に対する回避率
…武器による攻撃のクリティカルヒットの確立に影響

3/6 炎耐性…炎系攻撃に対する耐性
氷耐性…氷系攻撃に対する耐性
雷耐性…雷系攻撃に対する耐性
闇耐性…闇系攻撃に対する耐性
光耐性…光系攻撃に対する耐性

4/6 ■BATTLEでの通算成績
1st …………………1位獲得のトータル数
2nd …………………2位獲得のトータル数
3rd …………………3位獲得のトータル数
4th …………………4位獲得のトータル数
Disconnected ……自動切断または[Alt]+[F4]で
                              強制終了したトータル数

5/6 ■CHALLENGEでの通算成績
称号……………現在プレイヤーが持つ称号
ランク…………B・A・Sのいずれかでクリア
                     (全クリア後表示)
クリア…………全ステージクリア総合タイム
                    (ステージ1〜ステージ9。全クリア後表示)

6/6 ■CHALLENGEでの通算成績
各ステージ別成績表


11.4・・・インターネットタイム
マサチューセッツ工科大学メディアラボ所長のニコラス・ネグロポンテ博士とSwatch社が提唱しているインターネット時間単位“.beat”(「ビート」24時間を1000分割で表示)で、現在の世界共通時間を表示しています。海外にいるユーザーとの待ち合わせなどに活用してください。

11.5・・・アイテムパック
武器・防具の装備やアイテムの使用を始め、『マグ』を育てたり現在のエリア確認やクエストに関する情報等の管理などが行えます。アイテムパックには、30個まで武器・防具・アイテムを持つことができます。[↑][↓]で項目を選択して[Enter]で決定してください。[Esc]で前の画面に戻ります。
装備   武器や防具などの装備を行えます
装備一覧が表示されるので、装備を変更する武器・防具を[↑][↓]で選択して[Enter]で決定してください。
この時、画面右下に選択した武器・防具を装備した場合のパラメータ変化が表示されます([Ctrl][Tab]でページ切り替え)。
次に装備したい武器・防具を選択決定してください。
フォトンの性能が武器に入っている場合、武器名が緑色で表示されます。

アイテム  アイテムを使用したりその場に置いたりできます
アイテム一覧が表示されるので、[↑][↓]でアイテムを選択して[Enter]で決定。次に目的が表示されるので[使う(装備するアイテムでは『装備』)/置く/ソート]のいずれかを選択して決定してください。画面右下にはアイテムの効力が表示されるので参考にしましょう。
1つのアイテムは10コまでしか持てません。アイテムがいっぱいになってしまったら、チェックルームを利用して預かってもらうと良いでしょう。


  • 使う……その場でアイテムを使用します(すでに装備している場合は『はずす』に変わり、装備をはずせます)。

  • 置く……選択したアイテムをその場に置きます。メインメニューを閉じた後、もう一度[Enter]で拾うことも可能です。

  • ソートアイテムの並べ替えが行えます。[自動/手動]のいずれかを選択・決定してください。[自動]を選択すると自動的にアイテム別に並べ替えられます。また、[手動]を選択すると、並べ替えるアイテムを選択し決定すると1アイテムごとに並べ替えることができます。[Esc]を押すと並べ替えが終了します。
アイテムをシティなど、ゲーム中に置けるアイテム数は、50個までです。51個以上は置くことはできません。51個目を置くと、最初に置いたアイテムから順に消えてしまいますのでご注意ください。

11.6・・・『PSO』の世界における武器・防具・アイテムについて
探索に降り立つ『惑星ラグオル』やプレイヤーたちの拠点となる『パイオニア2』での武器や防具、アイテムはどういったものなのか、簡単に紹介します。





武器・防具・アイテムは左のようなアイテムボックスとして発見・拾うことができます。
武器
敵に攻撃する際に必要となる武器は大きく分けると、ハンターが得意とする剣系、レンジャーが得意とする銃系、フォースが得意とする杖系の3つの種類に分かれます。
装備すると、主に攻撃力と命中度が上昇します。
これらの武器すべてには、使いこなすのに必要な能力が定まっており、その能力を満たしていないと装備することができません。
また、職業によっては絶対に装備できない武器があったり、さまざまな特殊能力を秘めた武器なども存在しています。
武器の中には能力がわからない武器もあります。その時は鑑定屋で見せるとその内容が判明し、武器の珍しさと能力で武器名の色が変化します。
剣系
銃系
杖系
防具
プレイヤーの身を守るための鎧と盾にも、それぞれ異なる種類が存在しています。鎧は、どの職業も装備できるフレーム系、ハンターとレンジャーが装備できるアーマー系の2種類。盾も同様にどの職業も装備できるバリア系、ハンターとレンジャーが装備できるシールド系の2種類に分かれます。装備すると、主に防御力と回避率が上昇します(盾の場合は左手に装備されます)。
防具は、それぞれ使いこなすのに一定のLVが必要です。LVが達していないと装備することはできません。また鎧には、『スロット』と呼ばれる穴が空いてるところがあり(スロットが空いている鎧は名前が緑色で表示)、そこに『ユニット』を挿入することでさまざまな効果が得られます。
アイテム
アイテムは、冒険するプレイヤーたちにおける必要不可欠なもので、いくつかの種類に分かれます。
プレイヤーのHPを回復させる『メイト系』をはじめ、プレイヤーのTPを回復する『フルイド系』、毒やマヒなどの状態異常を治癒する『アンティ系』、テクニックを取得する時に必要とする『テクニックディスク』、シティとゲーム(戦闘)との転送ゲートを開く『テレパイプ』などがあります。
また、『スケープドール』は、持っているだけで倒れた時自動的に回復してくれます。ただし、これらは1度使うとなくなってしまいます。


11.7・・・マグ
プレイヤーの肩付近に浮かぶ、謎の特殊防具『マグ』は、アイテムを与えて成長させることができます。
『マグ』は成長していくと『フォトンブラスト』を習得していきます。
『マグ』を選択すると、[マグ一覧]が表示されるので選択決定してください。選択時にステータスが表示されるので[Ctrl][Tab]で切り替えることができます。
アイテムを与えるアイテム選択画面が表示されるので、
                            与えるアイテムを選択決定してください
フォトンブラスト
……覚えたフォトンブラストアクションが
                             表示されます
はずす/装備………『マグ』を装備から外したり、
                            装備することができます
置く…………………『マグ』をその場に置きます
LV 『マグ』のレベルを表す。アイテムを与えると増加
シンクロ 『マグ』と装備者との仲の良さを表す。時が経つと少しずつ減少、『マグ』の好みのアイテムを与えると増加
IQ 『マグ』の賢さを表す。アイテムを与えると増減

DEF
『マグ』の防御特性を表す。このパラメータが高いマグを装備すると、装備者の防御力が増減。『マグ』の好みのアイテムを与えると増加
POW 『マグ』攻撃特性を表す。このパラメータが高いマグを装備すると、装備者の攻撃力が増減。『マグ』の好みのアイテムを与えると増加
DEX 『マグ』命中特性を表す。このパラメータが高いマグを装備すると、装備者の命中率が増減。『マグ』の好みのアイテムを与えると増加
MIND 『マグ』精神特性を表す。このパラメータが高いマグを装備すると、装備者の精神力が上昇。『マグ』の好みのアイテムを与えると増加
 
マグがフォトンブラストを覚えていると、フォトンブラストゲージが敵との戦闘でたまっていき、ゲージが100%になるとフォトンブラストを発動させることができます。
[Ctrl]を押すと表示されるアクションパレットがフォトンブラストアクションに切り替わります。フォトンブラストアクションが表示されたら、呼び出したいアクションを選んで実行してください。なお、『マグ』のレベルが低いうちは、フォトンブラストを覚えていないため発動することはできません。
一般的にフォトンブラストは、戦闘によってマグの内部に蓄積していくフォトンエネルギーの解放によって起こるとされていますが、その効力や種類などの詳細は未だ謎につつまれています。


11.8・・・エリアマップ
現在のエリア全体の地図を表示します。プレイヤーが行った場所しか表示されません。[↑][↓][←][→]で地図を動かし、[Tab]でズームイン、[Ctrl]でズームアウトします。

11.9・・・クエストボード
ハンターギルドの依頼を請け負ってクエストを遂行している時、クエスト名とクエストアイテムを確認できます。[←][→]でカーソルを動かし[Enter]でアイテムの内容を確認してください。


11.10・・・カスタム アクションパレットのカスタマイズを行います
アクションパレットには、2つのパレットに3種類ずつアクションを登録することができます。
それぞれのパレットは[Ctrl]で切り替えられます。
カスタム画面が表示されたら、『現在のアクション』から変更したいアクションを[←][→]でカーソルを動かし[Enter]で決定します。この時、[Ctrl]で変更するパレットを切り替えられます。
次に『現在のアクション』の隣に『アクション一覧』が表示されるので、[↑][↓][←][→]でアクションを選択し[Enter]で決定してください。選択したアクションが『現在のアクション』に登録されます。
変更するアクションと同じアクションを選択すると、何も登録していない状態になります。
カスタマイズが終了したら[Esc]で決定してください。
各アクション内容については、こちらをご覧ください。


11.11・・・テクニック
テクニックはTPを消費して使用することができます(テクニックが使用できないキャラクター[ヒューキャスト/レイキャスト/レイキャシール]を使用している場合は、表示されません)。
[↑][↓]でテクニックの種類[初級攻撃/中級攻撃/上級攻撃/回復/補助]を選択し、次にテクニックを選択して[Enter]で決定してください。各テクニックの効果についてはこちらをご覧ください。
■テクニックの取得方法

テクニックは、「テクニックディスク」と呼ばれる特殊なディスクを使用することで、覚えることができます。
テクニックディスクは道具屋で購入したり、敵やアイテムボックスなどから入手することで取得できます。なお、テクニックディスクを購入したり、拾うだけではテクニックは使用することができません。
[アイテム]でテクニックディスクを選択して[使う]ことでテクニックを習得し、使えるようになります。
ただし、各テクニックディスクごとに使用するのに必要な精神力が定まっていて、それを満たしていないと覚えることができません。


11.12・・・チャット

ギルドカードの作成・送信やシンプルメールの作成・送信などが行えます。[↑][↓]で項目を選択して[Enter]で決定してください。[Esc]で前の画面に戻ります。

ショートカット
ファンクションキー(Fキー)にメッセージを割り振るショートカットを登録・削除できます。登録すると、登録したボタンを押すだけで簡単にメッセージを表示させることができます。

登録・削除方法
選択すると一覧が表示されるので[Ctrl][Tab]でページを、[↑][↓]でボタン(Fキー)を選択し[Enter]で決定します。
次に[登録する/削除する]のいずれかを選択決定します。

登録する

画面に入力画面が表示されるので、登録するメッセージを入力してください。すべてを入力し決定すると登録内容と確認画面が表示されるので、[はい/いいえ]のいずれかを選択決定してください。[はい]を選択すると登録されます。
[いいえ]を選択すると一覧に戻ります。

削除する 一覧の中から削除したい登録内容を[Ctrl][Tab]でページを、[↑][↓]でボタン(Fキー)を選択し[Enter]で決定します。確認画面が表示されるので、[はい/いいえ]のいずれかを選択決定してください。[はい]を選択すると削除されます。
[いいえ]を選択するとキャンセルされます。
シンボルチャット
シンボルチャットを編集・登録することができます。シンボルチャットの吹き出しは、顔部分のフェイスパーツ(最大12コまで登録可能)、メッセージ部分のオブジェクトパーツ(最大4コまで登録可能)を組み合わせて作成します。

登録データ選択

選択すると登録データの一覧が表示されるので、登録済のデータまたは未登録を[↑][↓]で選択[Enter]で決定します。
名称未設定は、編集中のデータを表します。

フェイスタイプ

顔の輪郭にあたるフェイスタイプを選択します。
[フェイスタイプの変更/コピー/キャプチャー]から実行する項目を選択決定してください。キャンセルは[Esc]です。

  • フェイスタイプの選択:顔を変更します。未登録を選択した場合はここのみ選択できます。次に4種類のタイプから選択し決定します。カーソル選択時に[C]を押すとカラーを変更することができます。
  • コピー:現在選択している登録データを別のデータにコピーします。
    この項目を選択すると[登録データ選択]が表示されるので、コピーしたい場所を選択決定してください。なお、登録されているデータをコピー先に選択すると、上書きされるのでご注意ください。
  • キャプチャー:表示された最新のシンボルチャットをキャプチャーし、コピーすることができます。キャプチャーすると、登録データ選択時の名称が「キャプチャー」になります(名称変更は[シンボル登録]で行えます)。ただし、キャプチャー可能なシンボルは、表示されたシンボルがキャプチャー設定で[許可]に設定している場合のみです。






操作方法
[↑][↓][←][→]:パーツの選択、移動
[Enter]:パーツを配置(セット)
[P]:2つのパーツを均等に配置する場合に使用
[C]:フェイスタイプの色を変更。カーソルが
      現在選択されている色
[Tab]:縦に反転。もう一度押すと元に戻る
[Ctrl]:横に反転。もう一度押すと元に戻る

※設定項目によって使用できる操作(白色で表示)とできない操作(灰色で表示)がありますので、画面右下の操作コマンドを確認してください
新規パーツ
シンボルチャットのメッセージ部分にあたるパーツを選択し配置します。
[フェイスパーツ/オブジェクトパーツ]から実行する項目を選択決定します。次に、パーツ一覧が表示されるので選択し決定してください。キャンセルは[Esc]です。

フェイスパーツ:目・鼻・口や手などのパーツを選択します
オブジェクトパーツ:メッセージや記号などのパーツを選択します
パーツの編集
配置したパーツの移動や削除が行えます。
[↑][↓]で実行したい項目を選択し[Enter]で決定します。次にパーツ一覧が表示されるので選択決定してください。

パーツの移動:パーツを移動します。移動方法は『新規パーツ』と同様です。
パーツの消去:パーツ1つを消去します
全消去:フェイスタイプや配置したパーツなどのすべてを消去します
SE変更
効果音の変更が行えます。
SE一覧が表示されるので[↑][↓]で選択し[Enter]で決定します。確認画面が表示されるので[はい/いいえ]のいずれかを選択決定してください。
キャプチャー設定
シンボルのキャプチャーを許可するか禁止するかを選択します。[↑][↓]で選択し[Enter]で決定します。[Esc]で前の画面に戻ります。
シンボル登録
作成したシンボルアイコンに名称を登録します。
選択すると登録名入力画面に切り替わります。登録名を入力して決定すると登録データ一覧にシンボルチャットアイコンの名称が登録されます。

ギルドカード
『ギルドカード』と呼ばれるコミュニケーションカードを作成し、一緒にプレイしたりビジュアルロビーで出会ったユーザーとカード交換ができます。また、カード交換したユーザーの現在の情報を検索して、シンプルメールを送信したりビジュアルロビーにいた場合は直接会いに行くことができます。[↑][↓]で[MYカード/カード一覧/検索結果/チョイス設定]のいずれかを選択して[Enter]で決定します。
Myカード
カード内容を作成・編集して、相手を選択決定するとカードを送ることができます。[コメントを記入する]を選択すると、コメントを作成・編集できます。相手ユーザーに読まれることを考慮してコメントを記入しましょう。記入し[決定]すると前の画面に戻ります。相手に送るときは[渡す]を選択し、次に誰に渡すかを選択決定してください。
カード一覧
出会ったユーザーからもらったカードの確認と削除が行えます。また、選択したユーザーの現在情報を検索することも可能です。

  1. 画面にカード交換したユーザーの一覧が表示されたら、[Tab]/[Ctrl]でページを切り替え、[↑][↓]で選択して[Enter]で決定します。
  2. 次に、[検索する/削除する/ソートする]いずれかを選択決定します。[削除する]を選択するとカードが削除されます(一度削除したカードを復活させることはできません)。[検索する]を選択してゲーム画面に戻ると、しばらくして結果が出たことを示すアイコンが表示されます。[ソート]を選択すると登録ユーザーの並べ替えが行えます。並べ替えるユーザーを選択し決定すると次に並べ替えるユーザーを選択し決定してください。
  3. [検索結果]を選択決定すると、結果が表示されます。その時、検索したユーザーの現在位置によって、検索結果が異なります。
  4. 相手ユーザーがビジュアルロビーにいる場合は、[メール送信/会いに行く]という選択肢が表示されるので、[↑][↓]で選択して[Enter]で決定してください。[メール送信]については、下記[シンプルメール]を参照してください。[会いに行く]を選択した場合は、検索したユーザーの所属しているビジュアルロビーに転送されます。
検索結果
選択したユーザーの検索した結果を確認できます。確認方法は上記の[カード一覧]をご覧ください。
チョイスサーチ
SHIP内にいる『PSO』ユーザーをリクエスト項目でチョイスしてプレイヤーを検索します。
レベルなどの各項目から該当させる項目を設定していき、[検索する]で検索開始します。検索されたユーザー一覧が表示されるので、選択決定してください。次に[メール送信/会いに行く]の選択肢が表示されるので選択決定してください。ユーザー選択時に[←]を押すとユーザー情報が表示されます。[メール送信]については下記[シンプルメール]、[会いに行く]は上記の[カード一覧]をご覧ください。
チョイス設定
ここでプレイヤーがサーチされたい条件を申告し、設定しておくことで、『チョイスサーチ』でサーチされます。
初期設定では[OFF]になっているチョイス設定を[ON]にすると、設定項目が表示されます。用意された項目の中から[↑][↓]で選択して[Enter]で決定。次に設定しておく内容が表示されたら同様に選択し決定してください。設定終了する時は[Esc]を押してください。
着信拒否設定
ギルドカードを使ったコミュニケーションである「メール」や「会いに行く」等の機能を使った、悪質な嫌がらせ行為に対して、任意で着信を拒否することができます。
[着信拒否登録一覧]または[新規プレイヤー登録]のいずれかを選択し登録、または登録したプレイヤー名を削除してください。設定終了するときは[Esc]を押してください。
以前、ギルドカードを交換したユーザーがキャラクター変更(もしくは名称変更等)を行った場合でも、検索が可能です。その場合、検索される名前が別名になっている可能性がありますのでご注意ください。

シンプルメール
メッセージを入力して該当ユーザーに送信したり、受信したメールを読んで返信することができます。[↑][↓]で[メール送信/受信メール]のいずれかを選択決定してください。メールが来ていない時は、[受信メール]を選択できません。
■メール送信

メッセージを作成して送信します。
選択すると送り先 選択画面に切り替わります。[Tab]/[Ctrl]でページの切り替え、[↑][↓]で送り先を選択して[Enter]で決定します。次に文字入力を行います。キーボードで文字を選択して[Enter]で決定、[Esc]で一文字削除します。すべてを入力して決定すると、確認画面が表示されるので選択決定してください。文字入力をキャンセルしたい時は、[Esc]を選択すると[メール送信/受信メール]画面に戻ります。
さらに、[Home]を押すと[メール送信]を終了します。

■受信メール

受信したメールの閲覧や返信、検索が行えます。
[受信メール]を選択決定すると、[メッセージ一覧]に受信メールが表示されます。メールを選択決定すると、[返信する/検索する/削除する/着信拒否の登録]のいずれかが表示されるので選択決定してください。
[返信する]を選択すると受信したメールに返信することができます。メッセージ作成や送信は[メール送信]と同様です。[検索する]を選択すると、メールを送信してきたユーザーの現在情報を検索します。検索された内容は「ギルドカード」の[検索結果]で確認できます。[削除する]を選択するとメールが削除されます(一度削除したメールを復活させることはできません)[着信拒否の登録]を選択するとメールの送信者を着信拒否に登録することができます。

■留守番返信設定

メールを受信した場合、自動的に特定のメッセージを返信することができます。
メッセージを入力して決定すると登録されます。留守番返信を[ON]にすると、機能を開始します。初期設定では[OFF]です。ネットワークを切断すると返信は[OFF]に戻ります。
設定終了するときは[Esc]を押してください。

ログウィンドウ
この項目を選択すると、全員の会話を見ることができます。ビジュアルロビーはもちろん、シティやクエスト中も見ることができます。
[ログウィンドウ]を選択すると、右の画面に切り替わります。メッセージを入力するとウィンドウが小さくなり入力画面が表示されるので、メッセージを入力して決定してください。[Esc]または[Home]を押すと、ログウィンドウを終了します。


11.13・・・オプション

ゲーム中の各種設定を変更できます。
[↑][↓]で変更したい項目を選択して[Enter]で決定します。
次に変更したい内容を[↑][↓]で選択して[Enter]で決定します。[Esc]で前の画面に戻ります。

レーダーマップ表示
マップの方角を固定するかしないかを選択します。

マウス操作の変更
プレイヤーの移動操作を設定します。
[DRAG]を選択するとマウスをドラッグしたままプレイヤーを移動、[HOLD]を選択するとマウスをクリックして[HOLD]状態にした後、プレイヤーの動かしたい方向にマウスを移動します。

パッド操作の変更
コントロールパッドに操作設定を自由に振り分けることができます。
設定変更を行うボタン項目を[↑][↓]で選択して[Enter]で決定します。 次に、設定するボタンを押すと、確認ウィンドウが表示されるので[はい]を選択決定してください。そのボタンに選択したアクションが設定されます。

※基本的には、同じ内容をそれぞれのキーに設定することも可能です

カーソル位置の保存
前回選択決定した項目のカーソル位置を保存するかしないかを選択します。

メッセージの速度
表示するメッセージの速さを[ゆっくり/普通/速い/瞬間表示]のいずれかで選択します。

振動
別売のゲームコントローラに振動機能がついている時に、振動させるかしないかを[ON/OFF]いずれかで選択します。

サーバーとの回線切断
キーボードやマウス等が無入力状態となってから何分後にPSOサーバーから回線を切断するか設定します。
[15分間/30分間/45分間/60分間]のいずれかを選択します。[サーバーとの回線切断]を設定後、時間になると自動的にPSOサーバーから回線を切断してタイトル画面に戻ります。この時、それまでのプレイデータはセーブされて残ります。なお、ゲームを終了してもネットワーク接続は継続し、自動的に切断しませんのでご注意ください。


11.14・・・ゲーム終了
ゲームを終了します。この項目を選択すると終了のメッセージが表示されます。[はい/いいえ]のいずれかを選択決定してください。[はい]を選択すると、今までプレイしたものが上書きセーブされて終了します。
セーブに関する詳しい内容は[ゲームのセーブについて]をご覧ください。


backnexttop