Dean Johnson Ministries

THE THEOLOGY OF UNIVERSALISM(万人救済説の神学)

Varieties of Universalism* (万人救済説の種類)

Origin, one of the early church theologians was one of the strongest advocates of  the doctrine of apokatastasis.
This was the belief that the wicked suffer an internal anguish because of their separation from God.
Its purpose was for purification, and the punishment would have an end when all was restored.
This was in contrast to the more severe doctrine of eternal punishment.
Through the centuries, this apokatastisis ( or restoration of all things ) has been the most popular theory of universal salvation.

オリジンは一人の早期の協会学者で強いアポカタスタシスという教義の推進者であった。これは神との分離からくる悪は内なる苦労に苦しむという信念である。 その目的は浄化であり、罰は全て浄化された時に終わるのである。これはもっときつい永遠なる罰という教義とは反対である。世紀を通して、アポカタスタシ ス、それかこの全ての物の復元は万人救済説の中でもっともポピュラーな説になった。

However, there have been several varieties and theories of universal salvation.

しかし、いくつかの万人救済の種類や学説は存在していた。

1. Universal Conversion:
All people will be successfully evangelized and come to repentance and faith in Christ.
This is often envisioned as a future event or harvest.

万人への転換:
全ての人々は福音主義化され、後悔するようになり、キリストに信念をもつようになる。これは将来のイベントや収穫として予想される。

2. Universal Opportunity:
This is the belief that every person is given the opportunity during their lifetime to respond to God. All men whether they hear the gospel of Jesus Christ or not will have the opportunity to respond to general revelation, (Psalm 19, Romans 1). According to this view, those who are saved through this general revelation are like the Athenians who worshipped the unknown God, (Acts 17:23).

万人への機会:
これは全ての人は生きている間に神へ応答する機会を与えられるという信念である。全ての人類は、キリストのゴスペルを聞くか聞かないかどちらにしろ、啓示 に応答する機会は与え
られて
いる。(旧約聖書の詩篇19、ローマン1)この視点によると、啓示によって救われた人々は知らない神を崇拝したアテナの人々に似ている。

3. Universal Explicit Opportunity:
This is the belief that everyone will have an opportunity to hear and respond to the gospel
either in this life or in the one to come.

明白なる万人への機会:
これは全ての人々がゴスペルを聞くか応答する機会をもつという信念である。

4. Universal Atonement:
This is the belief that Jesus died to save all humankind.
None of these beliefs by themselves necessarily lead to absolute universalism.
However, all of these theories, when construed together with additional assumptions can lead to a universal salvation.

万人への贖罪:
これはキリストは全ての人類を救うために死んだという信念である。これら全ての信念が完璧な万人救済説に導くわけではない。しかし、これら全ての学説と、 追加した推定を加えて、万人救済説へとたどり着くのである。

5. Universal Reconciliation:
The death of Christ on the cross accomplished the reconciliation of all humankind to God.
Separation between man and God is an illusion existing only in the mind of man. Man needs to be told that he has been reconciled and saved. " All things are of God who has reconciled us to himself by Jesus Christ", (2 Corinthians 5:18).
     A variation on this posits that the enmity is not just on man's side, but was also on God's side, and the reconciliation is two way. The cross, therefore deals with God's anger toward man as well as man's enmity toward God. This is typically an evangelical view of reconciliation, but is also adopted by some Universalists.

万人への和解:
キリストの十字架の上での死は全ての人類の神との和解を成し遂げた。人類と神との分離は人類の心の中に存在しているイリュージョンである。これらはすべて 神から出ることであって、神は、キリストを通してわたしたちを御自分と和解させ、また、和解のために奉仕する任務をわたしたちにお授けになりました。(2 コリント5:18)
悪意は人類側だけに存在するのではなく、神の側にもあるという推測の変化は、和解は相互であることを示している。従って、十字架は神の人類に対する怒りと 人類の神の対する悪意を扱っている
。これ
は典型的な福音主義の和解の理解であり、また何人かの万人救済説者たちにも取り入れられた見地である。

6. Universal Pardon:
This view suggests that God will repent or relent on the threatened eternal punishment, and in the end forgive. He will impute faith and righteousness to all humankind.
The story of Jonah gives an example of God choosing to forgive even though punishment was promised.

万人への容赦:
これはは神は永遠なる罰がまきおこす恐怖を後悔か、気の毒に思い、最後には許すという見方をしめしている。

7. Universal Restoration:
Again, this is the view of Origen, and apparently much of the early church.
Generally, after a period of punishment, creation is restored to its intended state.
After purification and punishment man is restored to fellowship with the Creator.

万人への復元:
これはまた、オリジン、そして大方の早期の協会の見地であった。普通には、ある一定の罰の後には、創造が計画的な国を復元するのである。浄化と罰の後に は、人類は創造者との関係を築き上げるのである。

Most Universalists use a combination of these theories together with some supporting
assumptions to arrive at a Universal Salvation.
Others mix them all together to come up with a comprehensive Inclusive and  Universalist theology.

大方の万人救済者はこれらの学説といくつかの万人救済へ結びつく推測を一緒に組み合わせ、使うのである。その他の人は、それらを混合して、包括的な理解と 万人救済者の神学にたどりつくのである。

I tend to fit into the latter category. While primarily a believer in Universal Restoration in the sense that punishment after death is allowed for, I also believe in Universal Conversion. This differentiates me from those who might believe in any purgatorial function of punishment. Though accepting the role of punishment as correction to bring the unbeliever to the place of submission, I tend not to think of this punishment as a process of purification. Restoration comes with faith in Christ and conversion.
With the Arminians and mild Calvinists I view the death of Christ as for all humankind.
However, rather than seeing Christ's death as merely providing an opportunity to accept Christ, I see the power of the resurrection as effective in bringing all into subjection.
I believe in in a Universal Explicit Opportunity being presented to all humankind to accept Christ. This allows for conversion after death. This is an assumption that is accepted
as strongly suggested within scripture, even if not explicitly stated, (1 Peter 3:19, 4:6).

私はどちらかというと、後者の方を支持している。主としては、万人復元、つまりは死んだ後の罰は斟酌されると信じている。また私は万人への転換も信じてい る。これは私と他の煉獄を信じている人たちを分離するものである。罰の目的を矯正として受け入れ、不信心者を向かいいれる事に、私はこの罰を浄化の段階と して考えないようにしている。復元はキリストへの信念と展開から成すものである。アルメニア人と柔らかなカルバン人と共に、私はキリストの死は全ての人類 のためと理解している。しかし、キリストの死はただキリストを受け入れる機会を与えるとは思っていない。私は、復活の力は効率的に全てを支配すると見てい る。私は明白なる万人への機会は全ての人類が神を受け入れることを示していると信じている。これは死後の転換を与えている。これは明らかには書かれていな くても、聖書の中で強く推測されていることである。(1ピーター
3:1
9、4:6)

That Universal Reconciliation is presented within scripture seems undeniable. How I understand this reconciliation is not dogmatic. Within the New Testament, I tend to see the alienation and enmity as being primarily on the side of man, rather than on the side of God. Man is the one who needs to be reconciled to God. However, I understand and have regard for those who see the the cross as pacifying and reconciling an angry God to man as well. This is reasonable. However, while recognizing God's hatred of sin, I certainly do not see God as being so bitter and angry, that he could consign anyone to unending torments. Such a reconciliation of all things,  provides the way to Heaven for all to come in, opening the door for a Universal Pardon. God having justified the ungodly in this way is attractive. Some universalists see this pardon as unilaterally bestowed by God with or without a response from man. This is an accomplished reality in the mind of God. Despite the unconditional nature of this New Covenant, I tend to see God as working a positive response within man as a necessary part to the fulfillment of God's purposes.

万人なる和解は聖書の中で提示されているということは否定できそうにない。どのように私がこの和解を理解するかは教義的ではない。新約聖書の中では、私は 疎外や悪意を主として神側ではなく人類側としてみる傾向があった。人類が神との和解を必要としている側なのである。しかし、私は十字架を平和的なかつ怒っ ている神と人類の和解をも示していると理解している。これは道理にかなっている。しかし、神の罪への憎しみを知りながら、私はやはり神が冷酷で怒り狂った ようには思えず、神が終りのない肉体的、精神的な苦痛を与えるとは思えない。このような全ての和解への見方は、全ての人が天国へ行き、万人への容赦へのド アをあけるのである。神らしくないない神を正当化するようなやり方は魅力的だ。何人かの万人救世説者は神が人類からの返信をあり、なしにしても、この容赦 を一方的に与えたと見ている。これは達成された神の心の中にある現実である。この無条件な特質の契約があるとしても、私は神
は人類
を神の目的を達成するためには必要な一部であると見ている。

 As to the theory of  Universal Opportunity for salvation, through general revelation, I am less convinced, but attempt to keep an open mind. Creation does testify of a creator. However, the scriptures are clear that no one comes to God except through Christ. Nevertheless, it does seem that the gentiles now have access to God by prayer through the Christ Spirit whether they know Christ or not. (Ephesians 2:18, Acts 10:1-4). The wall of partition is torn down.
All men live and move and have their being in Christ (Acts 17:23). He is all, and in all, (Colossians 3:11). To know God is eternal life, (John 17:3). Access to God is certainly one vital aspect of our salvation. In what sense this access to God can be considered to be salvation for the God fearing is ambiguous. However, What this does do is allow for is a more inclusive attitude toward our fellow man. They are certainly not excluded by God. Will not the Judge of all the earth do right? Surely, we can do the same.

啓示によっての万人への救世への機会に対して、私はやはり納得ができない。しかし、納得するように努力してみたい。創世は創世者がいる証拠である。しか し、聖書は誰も神には近づけないが、キリストを通してのみ可能であることを明白に示している。それにしても、ユダヤ教を信仰しない者が今、キリストを知っ ているか否かより、キリストの魂によって祈ることから神へ近づくことができるように思える。(エペソ2:18、使徒10:1-4)分割している壁は壊され た。全ての人類はキリストを信じ、生きている。(使徒17:23)神は全てであり、全ての中にある。(コロサイ3:11)神を知る事は永遠の命である。 (ヨハネ福17:3)神へ近づく道は私たちの救世の道である。この道は神への救世も示していると思われる。しかし、これらがすることは人類に対する包括的 な態度であると思われる。彼らは神から除外されているわけではない。全ての地球上の裁判官が正しいのでしょうか?それなら、私たちも同じ事ができる。


* "The Extent of Salvation" from Christian Theology by Millard J. Erikson. Baker Book House, Grand Rapids House, 1985. Pages 1015-1022. (救世の範囲、キリストの神学、ミラード・J・エリクソン。ベーカーブックハウスとグランド・ラピッズハウス。1885年。ページ 1015-1022)

Dean Johnson Ministries

 (ディーン ・ジョンソン  ミニストリ ー)



The Angelfire advertising below does not necessarily reflect the views of this site.

Environmentally Friendlier, Safer Household Products.
Catalogue Shopping  -  Factory Direct  -  A Home Based Business Opportunity.

Email Dean Johnson   Regina, Saskatchewan, Canada   allfulness at hotmail.com
Memberships Available          Phone (306) 789 -8928

Site hosted by Angelfire.com: Build your free website today!