Dean Johnson Ministries

Maranatha (マラナダ)

Originally, I started out this page with the intention of sharing ideas about the comings of the Lord. It has been a very humbling topic to consider.
Knowing the immensity of the topic, I have questioned the Lord if I should even share my understanding, as it seems so limited. Nevertheless, knowing my place in the body of Christ, I will humbly share the little that I do understand.

もともと、私はこのページを神の再来というアイディアを共有するために作った。これは謙虚なトピックだと思う。このトピックの広大さを知りながら、私は神 に私の限られた知識を共有するべきか、質問してみた。しかし、キリストの身体の中での私の位置する場所を知りながら、私が知っていることを共有したいと思 う。

Our philosophical outlook of the future is optimistic. We are a spiritually minded people, now looking for a divine intervention, personally and corporately, with God working out his plan for all creation, through the revelation of Christ within the Church, and a manifestation of the sons of God.

私たちの哲学的な将来の見方は楽観的だ。私たちは精神的な心をもった人間であり、今 個人的であり、全体的な神聖な介入を求めている。協会でのキリストの啓示、そして神の息子としての真実、神との神の全ての創造の計画のことである。

Concerning the coming of Christ:
Christ returned to the believers at Pentecost, and still comes to the believer today. He also returned to the unbelieving Jewish nation in 70 A.D. to bring the judgment promised throughout the Old Testament for disobedience.
These are the foundational  thoughts of this page.

キリストの再来について
キリストは五旬節(ペンテコステ)に信者の元に戻ってきた。そして、今日でも信者の 元に戻ってきている。彼はまたキリスト紀元70年に不信心者のユダヤの国に、旧約聖書の中で不従順のために約束された判決とともに戻ってきた。これらは基 礎的な考えである。

     I have come to feel that the common understanding of the second coming with its wrath, judgment, and end of the world scenarios has bread fear in many of us. Much of this fear is not the fruit of truth. Through these writings, I have struggled to bring comfort and encouragement for we are not like those who are without hope. The thoughts of this article are the fruits of this labour. I elaborate on these understandings, trusting that truth will set us at liberty.
Please accept these thoughts as a work in progress, even as we are.

私は激怒と判決そして、世界の終焉のシナリオという恐怖を私たちの中に産み付けた再来に対する共通の理解感じるようになった。この恐怖は真実の結果ではな い。これらの論文により、私は私たちは希望をなくした人たちではないという快適さと激励を得ようと奮闘した。この論文の意見はこれらの努力によってあると 思っている。私はこれらの理解を詳細に述べ、真実は私たちを解放すると信じている。これらの意見は途中であるが、許して頂きたい。

The Comings of The Christ. (キリストの再来)

Many Visitations, Comings, Appearances, and Manifestations of Christ are mentioned within scripture.
In recent years many Christians have forced many of these passages into the single mold of a future physical return of Christ to rule the earth. This is not always appropriate, and has lead to some confusion. In this article I will not be focusing on a future physical return. The purpose of this page is to broaden our understanding by considering other views concerning the comings of the Christ. It is hoped that this will lead to a more accurate and spiritual understanding of Scripture that will set our hearts free.

たくさんの訪問、再来、出現、そしてキリストの声明は聖書に書かれている。最近になって、たくさんのキリスト教徒はたくさんのこれらの節を将来のひとつの 型におちこめた。それが、肉体的なキリストの地球への再来である。これは適切ではなく、いくつかの誤解を招いた。この論文の中で私は、肉体的な再来に焦点 を当てていない。このページの目的は私たちの理解力を他のキリストの再来に関する見解をみて広げる事である。これがもっと適切でかつ精神的な聖書への理解 につながるり私たちの心を解放することを願っている。

One difficulty with the common premillenial rapture and second coming, that is seldom addressed, is that it presents God as still angry and wrathful. This is often portrayed in ways that seem inconsistent with the reconciliation of the world accomplished in Christ. God is not angry with humankind. God's proclaimed friendship with humankind is often ignored in an erroneous attempt to project the horrors described in Revelations and other end of the world scenarios into the future. It is possible to understand these passages without imposing these events on future generations. There are solutions that are faithful to these texts and yet harmonize with the gospel of peace revealed in Christ. Some of these solutions will be considered. The comings of Christ are good news of great joy to all men. Grace and truth are much more satisfying spiritually and emotionally than the law and wrath of the covenants of bygone dispensations.

ひとつの共通的な困難はミレニアム前の狂喜と再来である。これはめったに表には出ず、この中には神はまだ憤慨し、激怒していると表現されている。これは世 界の和解はキリストによって達成されるという事と一致しないと表されている。神は人類に対して怒っているわけではない。神の宣言された人類との友情はよく 間違った中で投影され無視される。それは啓示や他の世界の終焉のシナリオに書かれた恐怖である。これらの節を次の世代に押し付けずに、理解することは可能 である。これらの節の信念に基づいた解決策はある。それでも、キリスト教の教義であるキリストとの平和への調和は可能である。いくつかの解決策は考えられ ている。キリストの再来はとても良い人類に喜びを与えるニュースである。恩恵と真実は法や契約上の過去の分配の激怒よりも精神的にも感情的にも満足でき る。

Many believers are still feeding on a spiritual diet of fear that is reminiscent of the blessing and curses mentality of the old covenant. They are trying to earn God's favor. This is impossible. We are now the righteousness of Christ receiving the grace and favor of God through Christ. And this good will is not just to the believer but to all men. Jesus was not just the propitiation for our sins, but also for the sins  of the whole world. For God to pour out his wrath on mankind now would be to ignore the accomplishment of Christ on the cross.

たくさんの信者たちはまだ精神的な恐怖を味わっている。それは神の加護の追憶であり、古い契約の心理状態の呪いである。彼らは神の偏愛を得ようと努力して いるのだ。これは不可能である。私たちは今キリストの正義の元にあり、キリストを通して神への恩恵や偏愛を受け取っているのである。この良心は信者だけで はなく、全ての人類にもたらされている。キリストはただ罪をなだめるだけではなく、世界中の罪をなだめるのである。神にとって人間に激怒するのは、今と なってはキリストが十字架の上で達成したことを無視することである。

Many of us remember the evangelical paranoia at Y2K. It was an embarrassment to us. It not only exposed to the world our deepest fears about God, and our lack of trust in Him, which were born of our faulty theology. It also revealed many weaknesses in the common eschatological time lines that lead to such psychological trauma. End of the world paranoia is not only embarrassing, but down right harmful. Thankfully, it has helped many of us to reevaluate what we believe.

たくさんの人々はY2Kの時の福音的な懐疑心を忘れてはいない。これは私たちにとっては気まずい思い出である。世界に私たちの深い神に対する恐怖を表した だけではなく、私たちの彼への信頼の欠如を表したのである。欠如は私たちの間違った神学からきているのだ。また、たくさんの弱さを終末論の時間ラインの中 で暴露し、それが心理的なトラウマとなるのである。世界が終わるという懐疑心はただ恥ずかしいというだけではなく、有害でもある。ありがたい事だか、これ がたくさんの人々が信じていることを再度見直すチャンスとなったのだ。

Hopefully, our understanding of Christ's appearance has matured and spiritually developed.

私たちのキリストの出現の理解が成熟し、精神的に発達したと願っている。

Several "Spiritual" comings are clearly described in scripture.

いくつかの精神的な再来は聖書に明白に記されている。

Christ comes to the believer:
1. Christ does not leave his disciples comfortless, but returns to them on the day of Pentecost through the Holy Spirit.
2. Christ comes to the believer and makes his abode with him when invited.
3. Christ appears within believers as a manifestation of himself.

キリストは信者の元へやってくる。
1.キリストは彼の弟子らを居心地が悪いまま残さず、彼らの所に神聖な精神を通してペンテコステの時に戻ってくる。
2.キリストは信者の元に戻ってきて、招待された時に彼の居場所を作る。
3.キリストは信者の内に現われる。

There is another coming of Christ that was also spiritual in nature, that is vital to a proper understanding of the New Testament, but is often overlooked. This is probably because it presents such a threat to the current popular eschatology.

他にも精神的な論を唱えているキリストの再来があり、これは新約聖書を理解するのに重要なことである。しかし、よく見落とされている。これは多分、現在の ポピュラーな終末論に対する脅威を与えることが書かれているからだと思う。

Christ comes to the unbelieving Jews:
4. Specifically, Christ returned in 70 A.D. at the destruction of Jerusalem, and the temple. This coming of Christ is one component of the view known as Preterist theology.

キリストは不信心者のユダヤ人の所にも戻ってくる。
4.特別に、キリストはキリスト紀元70年に戻ってきた。それはエルサレムが、聖殿が破壊された時である。このキリストの再来はプリテリスト神学として知 られるひとつの要素である。

There are four main views of Eschatology.

4つの重要な終末論

1. The Preterist View sees the eschatological events as having been fulfilled within the generation of the New Testament writers. This tends to focus on a spiritual coming of Christ through Pentecost, and the destruction of Jerusalem and the temple. I tend to work partially within this perspective.
Other Universalists that appear to have espoused variations of the preterist position include:
Mike Williams At Gospelogic
Gary Amirault At Tentmaker
Gary Sigler Ministries
However, that these ministries have proclaimed preterist tenants does not limit them from holding other eschatological positions as well. I do not want to label or pigeonhole anyone. However, if you would like to hear more from a Universalist Preterist viewpoint, they may be good links to investigate.

1.プリテリストの見解は終末論のイベントを新約聖書の作家たちの時代にみたされると見ている。これはペンテコステを通した精神的なキリストの再来とエル サレムと聖殿の破壊に焦点を当てている。私はこの部分的な見方の枠組みの中で考えている。プリテリストの種類を支持している他の万人救済説者は以下の通り である。
マイク・ウイリアムズ、ゴスペロジック
ギャリー・アミラウト、テントメーカー
ギャリー・シングラー、ミニストリ

しかし、これらの牧師たちはプリテリストの特質は他の終末論の立場をとっても良いということである。私は誰に対してもレッテルを貼りたくもないし、棚上げ する気もない。しかし、万人救済説者としてプリテリストの立場をとる見解を知りたければ、彼らはいいリンクになるだろう。

There are also many non-universalist preterist sites that may be beneficial to understanding Christ's return.
Some links to investigate Preterism for yourself include:
The Preterist Archive
Fulfilled Prophecy: God's Perfect Church
Planet Preterist

また、たくさんの万人救済説者ではないプリテリストのサイトがあり、キリストの再来を理解するには良いと思われる。いくつかのリンクを紹介したい。
プリテリストの記録保管所
果たされた予言:神の完璧なる協会
プリテリスト惑星

2. The Futurist View sees most of the Parousia passages being fulfilled in the future.
     This is the common evangelical view.
     There are also Universalists that see no incongruity between a period of future wrath and the eventual reconciliation of all things. The wrath and punishment of God is seen as remedial and within the love of God for the purposes of restoration. This is reasonable.

2.将来的な見解はほとんどのパロシア節は将来満たされると見ている。これらは普通の福音主義者の見方である。また将来の怒りと全てのものとの和解の間に 不調合を見ない万人救済説者も存在する。神の怒りや罰は矯正であり、復元を目的として神の愛の中で存在していると見られている。これらは道理にかなってい る。

The Concordant Publishing Concern is one such group.
The Concordant Publishing Concern

調和し公表された関係はそのようなグループである。

However, such a view sees the Old Testament prophecies as unfulfilled and look to the future for their completion. If the law and the prophets have already been fulfilled in Christ, a yet future coming and wrath is not necessarily still required.
Some theologians see a double fulfillment of prophecy. They recognize the historical fulfillment of parousia prophecy in 70 AD, but still look for a future fulfillment as well. I tend not to believe in a future coming against unbelievers, but recognize that Christ still comes to believers, and I look for Him to reveal himself in even greater ways.

しかし、このような見解は旧約聖書の予言を将来満たされてないと見なしている。もし法や予言がすでにキリストを通して満たされているならば、将来の再来と 激怒は必要ではない。何人かの神学者は二つの予言として見ている。彼らはキリスト紀元70年に歴史的なパロシアの予言がかなったと見ている。しかし、将来 の予言がかなうことも求めている。私は不信心者に対しての将来の再来を信じないようにしている。キリストは信者の元に戻ってきて、そして私は彼が特別な方 法で彼自身を啓示することを望んでいる。

      Many Universalist Latter Rain groups, though not emphasizing a future physical coming, also give assent to a futurist view. Again, this physical return will not be the focus of this article.

たくさんの万人救済説者である、ラターレイングループは、肉体的な将来の再来を恥じず、また将来的な見解に同意している。またもう一度言うが、肉体的な再 来はこの論文のフォーカスではない。

3. The Historical View sees events as being fulfilled throughout history.
Some events are past and some are yet future. For example, the letters to the seven churches of Revelation are seen as pictures of the church down through history. The Laodicean church is often thought of as an illustration of today's lukewarm church.

3.歴史的な見解はイベントを歴史の中で満たされたと見ている。いくつかのイベントは過去に起こり、いくつかは将来に起こると思われている。例えば、7つ の協会への啓示の手紙は歴史の中で堕落した協会の写真を意味していると見られている。ラオディアン協会はよく今日のラクウォーム協会とみなされている。

4. The Symbolic or Idealist View considers eschatological truth to be timeless, and not sequential nor necessarily historical. Seeing Revelations as a picture of the church in worship is one example. Within this school of thought, the controversial timelines and charts of most eschatologies are conspicuously absent.

4.象徴的、または理想的な見解は、終末論的な真実は時間のリミットがなく、また引き続くものでも、歴史的なものでもないと見ている。啓示を尊敬している 協会の写真と見なすのは一つの例えである。この考えの中では、議論の余地のある時間ラインと、ほとんどの終末論的チャートは著しく不在である。

Perhaps, there is a sense in which all four views contain some truth.
They are not mutually exclusive. Being open to all four views may help us to let the various scriptures speak for themselves rather than trying to inappropriately force every passage into any one viewpoint.

4つの見解はもしかしたらいくつかの真実を含んでいるのかもしれない。それらは相互に排他的ではない。この4つの見解にオープンでいる事は、全ての説を一 つの見解に押し込めるのではなく、種類ある聖書をそのまま理解することを助けるであろう。

There are also several important philosophical questions that determine our outlook in life. For example, are we paranoid or are we optimistic?
How we answer these questions often depends on which view of eschatology we adopt. Our worldview or view of the world ultimately depends on what we see happening to it. Let's look at five such questions.

またいくつかの哲学的な重要な質問も存在する。それは私たちの人生への見方を決定するものである。例えば、私たちは懐疑的なのか、それとも楽観的なのか。 私たちがどのようにしてこれらの質問に答えるかは、私たちがどの終末論の見解を受け入れるかによる。私たちの世界観、または世界を見る目は、結局は私たち の周りに何が起こっているのかという見方による。5つの質問を見てみよう。

Our Eschatalogical Worldview:

私たちの終末論の見解

1. Is the future pessimistic or optimistic?
Currently, popular eschatology is often pessimistic, threatening, and providing little hope, sometimes even for the elect. I have heard some Christians respond in dismay when they heard the prayer, "Come quickly Lord Jesus." It definitely was not something they looked forward to. I understand this mentality, because there was a time when I had felt the same way. However, the coming of Christ should be anticipated, not feared.  I believe that our faith should provide peace and comfort. If an eschatology doesn't provide comfort, then I suspect there is probably a misunderstanding.  One of the main purposes of eschatology is to encourage the believer. Paul wrote,
"But I would not have you to be ignorant, brethren, concerning them which are asleep, that ye sorrow not, even as others which have no hope.
Wherefore comfort one another with these words" (1 Thes 4:13,18).
This return of Christ is good news.
        Whether we see the future as pessimistic or optimistic determines how we will live our lives. If we see the world as being destroyed we will have little motivation to do anything to improve the world. Our efforts would be destroyed anyway. If we see an optimistic future we find ourselves encouraged to make an effort.

1.将来は悲観的なのか楽観的なのか?
現在のポピュラーな終末論はよく悲観的で、恐怖感を与え、かつ少しの希望しか与えない。時々、選民にさえそういう感を与える。私は何人かのキリスト教徒 は、キリスト、早く戻ってきて下さいという祈りを聞く度に、ひどく失望すると聞いている。それは絶対に彼らが待ち望んでいる事ではない。私はこの精神状態 が良く分かる。なぜなら、私も同じように感じた時があったからだ。しかし、キリストの再来は予期される事で、恐怖を感じる事ではない。私は私たちの信念は 平和と安らぎを与えると信じている。もし一つの終末論が安らぎを与えないのならば、私はそれは間違いであると思っている。一つの重要な終末論の目的は信者 を励ますことである。ポールはこう書いた。
兄弟たち、既に眠りについた人たちについては、希望を持たないほかの人々のように嘆き悲しまないために、ぜひ次のことを知っておいてほしい。(1テサ4: 13,18)
キリストの再来は良いニュースである。
私が将来を悲観的、楽観的に見る見ないにしろ、それは私たちの人生の行く末を決めるであろう。もし、私たちが世界を破壊されたと見ているならば、私たちに は世界を向上するためのやる気が少ししかない事になる。私たちの努力は結局破壊されるのだ。もし、私たちが楽観的な将来をみるならば、私たちは努力するよ うに励まされるだろう。

2. Is the future determined by divine intervention or by human effort?
Are we passively awaiting a divine intervention that will destroy the world and God's enemies, or do we see Christ working through his corporate body to accomplish God's loving plan. If we cheerfully look forward to His working we will yield ourselves as vessels, holy and acceptable to God. If we wrongly associate his coming with destruction we may unconsciously resist or recoil in fear even from a loving touch.

2.将来は神の干渉によって決められるのか、それとも人間の努力により決められるのか?
私たちは受動的に神の干渉を待ち、それが世界を破壊し、神の天敵を倒すことを待っているのだろうか?それとも私たちはキリストが彼の身体を通して神の計画 を達成することを目の前にするのだろうか?もし私たちが心から彼の計画を見守るならば、私たちを血管として、神に受け入れられるだろう。もし、私たちが彼 の再来を破壊的だと間違って考えているならば、私たちは知らずに反抗し愛からも退却するだろう。

3. Is future hope for the church alone or for all men and creation?
Many see the return of Christ as for the believer only. This is why so many Christians fear the future. They believe the age of grace and the door of opportunity is closing. Loved ones, friends, and failing Christians could be left behind or even left out. If the coming of Christ is only for the benefit of the faithful then it would be hard for sensitive Christians not to mourn the loss of loved ones who miss out. Such Christians are like those unbelievers who have no hope.
They can not say the simple prayer "Maranatha - Our Lord come". They can not desire His coming. Because of a limited future hope they fear the loss of loved ones. This lack of desire for our Lord betrays a wrong understanding of the coming of Christ.
     When we understand the Presence of Christ in the believer to be a promise for mankind and all creation we look forward to the future with confident anticipation. Longing and expectation replaces fear and mourning. All creation waits for the manifestation of the Sons of God. To limit the work of Christ within the believer to the church alone creates fear. Knowing the promises of God to His creation provides hope and peace.

3.将来の希望は協会に、それか全ての人類と創造に?
たくさんの人々はキリストの再来は信者だけにやってくるものだと見ている。たくさんのキリスト教徒は将来に恐怖を感じるのである。彼らは恩恵を与える時代 と機会へのドアは閉じられると信じている。愛している人、友達、堕落したキリスト教徒は置いていかれるかもしれない。もし、キリストの再来は信者にとって だけの得になるのならば、敏感なキリスト教徒が愛する置いていかれる人々について悲しまないのはつらいだろう。これらのキリスト教徒は希望を亡くした不信 心者に似ている。
彼らは簡単な、マラナダ、私の神の再来と祈れないのだ。彼らは彼の再来を望まない。限られた将来への希望から、彼らは愛するものを亡くすことを怖がってい るのだ。この欠如した神への希望が、キリストの再来の誤解を招くのだ。
私たちがキリストの存在を信者として人類と全ての創造に対する約束と理解するならば、私たちは確信に満ちた予期を待ち望むのだ。恐怖や悲嘆は心待ちにした 期待に変わるのだ。全ての創造は神の息子の到来を待つ。キリストの努力を協会の信者に限ることは恐怖を生む。神の全ての創造への約束を知る事は希望と平和 を与えるのだ。

4. Are the promises fulfilled one person at a time, or is it a cosmic transformation?
There will be a universal recreation. However, a cosmic transformation can begin one person at a time, every man in his own order, and be fulfilled after all have entered in. There is a very real sense in which "there is a new creation" already, and we simply become aware of this new kingdom that already exists. Knowing that God will work through us as the body of Christ to bring the realization of this kingdom motivates us to surrender ourselves as vessels in His hands. The Spirit within is a down payment of the fulfillment or completion of the promises. Christ in us is the hope of glory not just for us, but for all creation.  However, those looking for something or someone outside of themselves to come back to instantly transform the world has left many Christians demotivated, and feeling uninvolved and detached from the process of salvation.

4.約束は一人一人に訪れるのか、それとも約束は宇宙の変形としてやってくるのか?
宇宙の再現は存在する。しかし、宇宙の変形は一人の人から始まり、全ての人類が入ってから、全ての人類は彼の順番通り変形するのだ。すでに新しい創造は存 在するという感覚があり、私たちは簡単に新しい神の国に気付くのだ。神がキリストの身体を使って、神の国への本当の感覚を私たちに与え、彼の掌に血管とし て降伏を誓うのである。内なる聖霊は達成または、約束への完成へと向かうのである。私たちの中にいるキリストは私だけに宿る希望ではなく、全ての創造され た人にむけての希望である。しかし、何かを探している人々や、変形の過程に関わってない人々は、たくさんのキリスト教徒のやる気を無くし、救済の過程に携 わることなく、また分離された気分を味わうだろう。

5. Is the emphasis this-worldly or otherworldly?
This is also not a mutually exclusive answer. Being spiritually minded does not mean that we ignore God's plan for the physical creation. God created all things good. Nevertheless, we are a spiritually minded people. We set our affections on things above, not on things on earth. Our emphasis is spiritual. It is through the manifestation of the sons of God that all creation is set free.

5.強調されているのは世俗的なのか、それとも来世なのか?
これは、同じように相互に排他的な答えではない。精神的な心を持つのは、私たちは神の肉体的な創造を無視することではない。神は全て良いものを作った。し かし、私たちは精神的な心をもった人間である。私たちは愛情を全ての物の上に持つが、地球上にある全ての物ではない。私たちの強調は精神である。全ては神 の息子を通して、解放されるのである。

To restate: our philosophical outlook of the future is optimistic. We are a spiritually minded people, now looking for a divine intervention, personally and corporately, with God working out his plan for all creation, through the revelation of Christ within the Church, and a manifestation of the sons of God.

再陳述:私たちの哲学的な将来への見解は楽観的である。私たちは精神的な心を持った 人間で、今、神の介入を心待ちにし個人的に団結して、神の全ての創造への計画を協会内でのキリストの啓示と神の息子を通して待ち望んでいるのだ。

Concerning the coming of Christ:
Christ returned to the believers at Pentecost, and still comes to the believer when Christ is invited. He also returned to the unbelieving Jewish nation in 70 A.D. to bring the judgment promised throughout the Old Testament for disobedience.

キリストの再来への不安:キリストはペンテコステの時に信者の元へ戻ってき、そし て、キリストは招待された時には信者の元へ戻ってくるのだ。彼はキリスト紀元70年に不信心者であるユダヤの国に旧約聖書の中で約束された判決を与えるた めに戻ってきたのだ。

I understand this is not a majority position and may be opposed by some. I have no intention to debate, only to discover truth. Eschatological doctrine was not given to produce division in the Church, but rather to bring comfort. My prayer is that this article will not be an occasion for carnal confrontations, but rather an opening of our hearts to the Spirit of Christ. May God, by His Spirit guide us into truth.

私はこれは大多数の見解ではなく、何人かによって反対されるかもしれないと理解している。私は論争する気はないが、真実を見つける気はある。終末論的な教 義は協会の中で分離を与えるのではなく、安楽を与えるのだ。私の祈願はこの論文が現世的な対決の機会にならず、キリストの聖霊に心を開くことが目的なの だ。神よ、私たちを真実に導いてください。

Dean Johnson Ministries

 (ディーン ・ジョンソン  ミニストリ ー

The Angelfire advertising below does not necessarily reflect the views of this site.

Environmentally Friendlier, Safer Household Products.
Catalogue Shopping     -     Factory Direct     -     A Home Based Business Opportunity.

Email Dean Johnson         Regina, Saskatchewan, Canada          allfulness at hotmail.com
Memberships Available          Phone (306) 789 -8928

Site hosted by Angelfire.com: Build your free website today!