Dean Johnson Ministries

"Eternal" Punishment Scripture Revisited (永遠なる罰の再会)

Not all English Bibles have translated the Greek in such a way that suggests or supports the doctrine of Eternal Punishment. I have heard it said that most modern biblical translations are about 50 years behind the current scholarship. Maybe in time, more of the newer translations will reflect the improvements noted in the following scriptures.

全ての英語版聖書が永遠なる罰をギリシャ版から翻訳して引用しているわけではない。私は大方の近代の聖書翻訳は現代の研究から50年遅れていると聞いてい る。もっと新しい翻訳が下記の抜粋を引用するのも時間の問題だ。

    Matthew 18:8 The Weymouth New Testament In Modern Speech(マタイ 18:8、ウェイマウスの新約聖書、現代版)

    "If your hand or your foot is causing you to fall into sin, cut it off and away with it. It is better for you to enter into Life crippled in hand or foot than to remain in possession of two sound hands and feet but be thrown into the FIRE OF THE AGES."

もし片方の手か足があなたをつまずかせるなら、それを切って捨ててしまいなさい。両手両足がそろったまま永遠の火に投げ込まれるよりは、片手片足になって も命にあずかる方がよい    

Weymouth, in his footnote to Matthew 18:8 states, "Of the ages] Greek 'Aeonian.' In this present Translation this word, which occurs here for the first time, is thus rendered in each of the seventy passages in which it occurs. Etymologically this adjective, like others similarly formed, does not signify 'during, 'but 'belonging to 'THE AEONS OR AGES, or age. Whether usage gives it a different sense is another question. That the word sometimes means everlasting in the strongest sense of the word, cannot reasonably be doubted. LET THE READER JUDGE FOR HIMSELF IN EVERY CASE."

ウェイマウスはマタイ18:8の脚注で、ギリシャ語のアエロニアン、現在の翻訳で、この言葉、ここで最初に使われた、70の節で同じように表現されてい る。語源学では、この形容詞は、同じように形成された言葉のように、の間ずっとを意味するのではなく、年月か年を表している。しかし、言葉の使い方が違う 意味をもよおすかどうかはまた別の問題だ。でもこの言葉は時々、長い間続くということを強く意味している言葉で、理性的に疑えることではない。全てのケー スを読者が判断するとよいと思う。

    Moulton and Milligan in "Vocabulary of the Greek New Testament" write concerning aionios that "In general the word depicts that of which the horizon is not in view, whether the horizon be at an infinite distance, or whether it lies no farther than the span of Caesar's life"

モルトンとミリガンはギリシャ新約聖書の語彙の中で、アイオノスについて書いている。普通にこの言葉は地平線は見えてない状態を表し、地平線が無限の距離 にあるか、地平線がシーザーの命よりも近くにあることを意味している。

The KJV translates it as "EVERLASTING FIRE"

KJVはそれを、永遠に続く火だと訳している。

    Matthew 25:46 The Weymouth New Testament In Modern Speech(マタイ 25:46、ウェイマウスの新約聖書、現代版)

    "And these shall go away into the PUNISHMENT OF THE AGES, but the righteous into the Life in the Ages"

こうしてこの者どもは、永遠の罰を受け、正しい人たちは永遠の命を授かるのです。

    The KJV translates it as "everlasting punishment"

KJVはそれを永遠の罰と翻訳している。

        Mark 3:28-29 Concordant Literal New Testament(マルコ 3:28-29、コンコーダントリベラル新約聖書)

        "Verily I am saying to you that all shall be pardoned the sons of mankind, the penalties of the sins and the blasphemies, whatsoever they should be blaspheming, yet whoever should be blaspheming against the holy spirit is having no pardon for the eon, but is liable to the EONIAN PENALTY for the sin"

はっきり言っておく。人の子らが犯す罪はどんな冒涜の言葉も全て赦される。しかし、聖霊を冒涜するものは、永遠に赦されず、永遠の罪の責めを負う。

        The KJV translates it as "eternal damnation"

KJVはそれを永遠なる罪と訳している。

        Hebrews 6:2 The Weymouth New Testament In Modern Speech(ヘブル 6:2、ウェイマウスの新約聖書、現代版)

        "Therefore leaving the elementary instruction about the Christ, let us advance to mature manhood and not be continually re-laying a foundation of repentance from lifeless works and of faith in God, or of ceremonial washings, the laying on of hands, the resurrection of the dead, and the LAST JUDGEMENT."

だからわたしたちは、死んだ行いの悔い改め、神への信仰、種々の洗礼についての教え、手を置く儀式、死者の復活、永遠の審判などの基本的な教えを学び直す ようなことはせず、キリストの教えの初歩を離れて、成熟を目指して進みましょう。

        Literal 'JUDGEMENT OF THE AGES' from the footnotes. (リベラルの永遠の審判よりの脚注)

        Again the KJV translates it as eternal judgment

KJVは同じように、それを永遠の審判と訳した

        Revelation 20:10 J.P. Phillips the New Testament In Modern English(黙示録 20:10、JP フィリップスの新約聖書、現代版)

        "The Devil who deceived them was hurled into the lake of fire and sulphur to join the animal and the false prophet. And they shall be tormented day and night for TIMELESS AGES."

そして彼らを惑わした悪魔は、火と硫黄の池に投げ込まれた。そこにはあの獣と偽預言者がいる。そして、この者どもは昼も夜も世々限りなく責めさいなまれ る。

        Weymouth translates " UNTIL THE AGES OF THE AGES"

ウェイマウスは永遠が訪ずれるまでと訳した

        Concordant translates "FOR THE EON OF THE EONS"

コンコーダンスは永遠と訳した

        The KJV sticks with "forever and ever"

KJVは永遠と記した


    William Barclay , the layman's theologian, in his book "New Testament Words" speaks of "Aionios: The Word of Eternity". He considers aionios philosophically, rather than examining only the linguistic aspects of the word. He contends that it must be interpreted very carefully especially when speaking of punishment. Within the New Testament 'aionios' is used to describe the fire of punishment, punishment itself, judgment, and destruction.

宗教家ではない神学者であるウィリアム・バークレイは彼の本、新約聖書の言葉でアイオノス、永遠を意味する言葉について話している。彼はアイオノスを語源 的に調査するのではなく哲学的な言葉だとい考えている。彼はその言葉は罰について語っている時には慎重に解釈する必要があると主張している。新約聖書の中 で、アイオノスは天罰の火、罰そのもの、判決、そして破壊だとされている。

    "It is in these passages that we need to be specially careful in our interpretation of the word. Simply to take it as meaning lasting forever is not enough. In all these passages we must remember the essential meaning of aionios. Aionios is the word of eternity as opposed to and contrasted with time.

このような節々では、私たちは自らの言葉の解釈を慎重にしなければならない。ただ永遠に続くと意味するだけでは不可欠な言葉だ。全ての節々を、私たちはア イオノスを必要不可欠な言葉として覚えてないといけない。アイオノスは永遠を意味する言葉で、時間とは反対の言葉だ。

    It is the word of deity as opposed to and contrasted with humanity. It is the word which can only really be applied to God. If we remember that, we are left with one tremendous truth - both blessing which the faithful shall inherit and THE PUNISHMENT WHICH THE UNFAITHFUL SHALL RECEIVE ARE SUCH AS BEFITS GOD TO GIVE AND INFLICT. BEYOND THAT WE CANNOT GO. Simply TO TAKE THE WORD AIONIOS, when it refers to blessings and punishment, TO MEAN LASTING FOREVER IS TO OVERSIMPLIFY, and INDEED TO MISUNDERSTAND THE WORD ALTOGETHER.

それは神の言葉で、人類と比較するものではない。それは神のみに値いする言葉なのだ。もし私たちがそれをわきまえているなら、私たちはひとつのとてつもな り真実にたどりつく。忠実さを受け継ぐ神の加護と不誠実さを受ける神が打撃を与える罰なのである。それ以上に、私たちは行くことができない。ただ、神の加 護と罰を引用する時、アイオノスという言葉をとり、それを永遠に続くと訳すのは安易である。それにその言葉自体を誤解することも同じ間違いである。

    It means that that which the faithful will receive and THAT WHICH THE UNFAITHFUL WILL SUFFER IS THAT WHICH IT BEFITS GOD'S NATURE AND CHARACTER TO BESTOW AND INFLICT - BEYOND THAT WE who are men CANNOT GO, except to remember that that nature and character are holy love."

それは忠実さが受け取ると、不誠実さが被ると意味し、神の自然と特質である名誉か打撃を与える事である。それ以上は、私たち、人類は行くことができない。 ただ、その自然と特質は神聖なる愛であると思う以外は。

Let's also take a quick look at the Greek word for punishment. The Greek word for punishment is "kolasis". George Ricker Berry in "A Greek English Lexicon and New Testament Synonyms" translates "kolasis" as CHASTISEMENT or punishment. Therefore, "these shall go away into eternal punishment", could be translated as "these shall go away into CHASTISEMENT FOR THE AGES". (Matthew 25:46)

またギリシャ語の罰という言葉を見てみよう。ギリシャ語の罰は、コラシスという言葉である。ジョージ・リッカー・ベリーはギリシャ語・英語語彙集と新約聖 書の類義語の中で、コラシスを懲罰か罰と訳している。それであるから、こうして、この者どもは永遠の罰を受け、正しい人たちは永遠の命にあずかるのであ る。(マタイ 25:46)

    As well, the New Thayers Greek-English Lexicon of the New Testament defines "kolasis" as "CORRECTION, punishment, penalty". Therefore, it is a linguistically possible to translate "eternal punishment" as "CORRECTION FOR THE AGES." This is significant because it suggests that "kolasis" is not only for the purpose of justice, but also for the purpose of correction. CORRECTION IS REMEDIAL. "Correction for the ages" would be for the remedy of sin and rebellion in the heart of the unbeliever, not unending torment for the purpose of justice. To dogmatically insist that the passage must be translated as "eternal punishment" is not linguistically required. There are also many universalism passages that suggest that eternal punishment would not be consistant with the whole of scripture. .

それと共に、ニュー・サイアーズの新約聖書のギリシャ語・英語語彙集の中で、コラシスは矯正、罰、それかペナルティーと定義されている。なので、その言葉 は語源的には永遠なる罰を時間との矯正と翻訳が可能である。これがとても大切である。それはコラシスという言葉は正義のためにあるのではなく、矯正を目的 としているからである。矯正は救済的である。時間との矯正は罪や不信心者の心の反乱の救済法であり、正義を目的とした終りのない苦痛ではない。教義的には その節は永遠なる罰と解釈するべきだとされるが、語源的には必要ではない。多くの万人救済説のなかでは、永遠なる罰は聖書の主意に反すると主張されてい る。

    For this reason, let us exercise caution to interpret the "aionian" Punishment passages individually in the light of the immediate context, and the larger context of the Salvation message within scripture, rather than narrowly imposing the dogmatic concept of "Eternal" punishment as the one extreme definition to be used in all instances.

この理由で、罰を説いている節々ひとつひとつで使われるアイオノスの解釈は、正しい前後関係で判断する必要がある。そして、永遠という狭い教義上のコンセ プトの罰、唯一の定
義として使われている罰よりも聖書の中の大きな救世のメッセージを忘れてはいけない。

    "Study to show thyself approved unto God, a workman that needeth not to be ashamed, rightly dividing the word of truth" 2 Timothy 2:15

あなたは、適格者と認められて神の前に立つ者、恥じるところのない働き手、真理の言葉を正しく伝える者となるように努めなさい。(2、テモテ 2:15)

Dean Johnson Ministries

 (ディーン ・ジョンソン  ミニストリ ー)

The Angelfire advertising below does not necessarily reflect the views of this site.

Environmentally Friendlier, Safer Household Products.
Catalogue Shopping     -     Factory Direct     -     A Home Based Business Opportunity.

Email Dean Johnson         Regina, Saskatchewan, Canada          allfulness at hotmail.com
Memberships Available          Phone (306) 789 -8928

Site hosted by Angelfire.com: Build your free website today!